《京都》ネッツトヨタヤサカ本社ブログの先頭です。

《京都》ネッツトヨタヤサカ本社のブログ

ネッツトヨタヤサカ本社のいろんな活動を配信中!

-

「シリーズ7作目となるスペースオペラ」

 


 続いて伊藤課長がおススメ映画に挙げてくださったのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。なんでもその際、作品が上映された映画館のスクリーンがこれまでとはちょっと違ったようで?

 

 「TOHOシネマズ二条に出来たIMAX®デジタルシアターというスクリーンで観てきました。京都府の映画館で初めて導入されて、しかも『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が初上映作品だったんですよ。床から天井、左右の壁いっぱいに広がったスクリーンで3D上映され、音響も良く大迫力でした!」

 

 最新設備で観る映画は臨場感もたっぷりですよね!映画館での上映は終了しているけれど最新作のDVDが先日発売されたばかりなので、これを機に小町も第一作から見返してみようかしら♪

 

 それにしても映画館のスクリーンも日々進化しているのねぇ(*´ -`)

-
-

「何歳になっても活躍出来る舞台」

 


 4月入社の新卒スタッフが総務部に仲間入り!


 「岡田と申します。同期スタッフと研修を受けておりましたが、先日、皆より一足先に配属となりました。」


 岡田さんはどうしてカーディーラーで働きたいと思ったの?


 「実はクルマが好きというワケじゃなくて(^^;小さい頃からずっとテニスに打ち込んできて、学生時代はアルバイトでインストラクターをしていたんですね。そのまま社員として働かないかと誘われていて、当初はそのつもりだったんです。ただ、体力とか怪我とか体を使う仕事の将来を考えたときに、年齢を重ねても活躍できる仕事がしたいと思いました。家のクルマがウィッシュということもあってネッツには馴染みがあり、募集を見つけて応募させていただきました。」


 なるほど!ということは営業スタッフ志望だったの?


 「そうですね。面接の際に本社スタッフとして働いてみないかとお声掛けいただいたんですよ。総務部では人事や採用の業務を任せていただくことになりました。」


 福田副部長のもとでビシビシ指導を受けているワケね(`▽´)/つい最近まで面接を受ける側だったのに、逆の立場になりますね♪


 「まだ配属されて間もなく分からないことだらけですが、一日でも早く独り立ちできるよう頑張ります。」


 次は岡田さんのプライベートにググッと迫ります!

-
-

「就活生の力になります」

 


 体育会系というより、爽やかな印象の岡田さん。テニスプレイヤーというスポーツ経歴に納得。


 「体を動かすのが好きなんですよ。現在はテニスをする機会がなくなってしまったので、たまにランニングするぐらいですが。」


 ちなみにどちらから通勤されているの?


 「実家から通えなくもないのですが、早く自立したくて就職を機に丹波口に部屋を借りて独り暮らしをしています。そこから徒歩通勤。ここまで20分から30分ぐらいですかね。」


 ガッツありますね(ノ゚ο゚)それでは最後に意気込みをどうぞ!


 「そうですね、まずは採用の仕事の流れを覚えること。僕もまだ新社会人で頼りないかもしれませんが、就活生に近い歳だからこそ親身になって応援・アドバイスを送ってあげたいです。何でも相談できる採用担当を目指しますので、宜しくお願いいたします。」


 就活生の頼れる兄貴として、どんどん成長していって下さい♪

-
-

「楽しみながら健康体へ」

 


 お久し振りにご登場下さった毛利田さん。あれれ?なんか、すごい、痩せません?


 「そうなんですよ。8kgぐらい痩せました。」


 羨ましいじゃないですか!どうやってどうやって?(ノ゚ο゚)


 「実は最近、スマホアプリの『Ingress(イングレス)』というゲームにハマっていて。自分の足で歩かないとゲームを進められないので、夢中になっているうちに自然と体重が落ちちゃいました。簡単に説明すると『現実世界の陣地取りゲーム』ってとこですかね。GPS機能で自分の現在地がゲーム内のマップに反映され、歩きながらポイントとなる場所を探します。例えばこのあたりだとほら…」


 そう言って見せて下さったスマホ画面にはビッグボーイのボビー君の写真が!お隣のレストラン・ビッグボーイの店頭に立っている像ですね♪


 「あとは御前通りを挟んで西側にある小さな祠とかね。地図上に、このような文化的・芸術的・宗教的ランドマークが登録されています。そこにアクセスして自分の陣地を拡大していくんですね。歩いていると、いつもなら見過ごしているであろう史跡や記念碑などが発見できて楽しいです。ちょっとしたガイドマップのような感覚。」


 京都は特に史跡が多そうですもんね(*゚▽゚)


 「ゲーム内では青と緑の2つのチームに分かれ、どちらがよりテリトリーを拡大できるか競います。個人戦ではなくて団体戦ですから協力することが求められ、コミュニティも存在します。老若男女さまざまな人が参加されていて、僕の知っているプレイヤーにはイングレスのおかげで糖尿病が治ったと言うご年配の方も。お医者さんから散歩を勧められたのですが、30分も歩けば飽きてしまって中々続かず。イングレスを娘さんに紹介して貰ってからは、1日中歩いても苦にならないし、ゲームを楽しんでいたら治っていたそうです。僕自身も見ての通りのウェイトダウンですから(^^)」


 健康にも良いし、楽しみながら痩せられるなんてスバラシイ!


 「このゲーム自体、現在は独立しましたが元々Google社が開発したものなんです。バックボーンがしっかりしているので、ストーリー性も楽しめます。実は定期的に世界大会が行われていて、日本では京都や浜松、復興支援として岩手が舞台になったことがあります。全世界のプレイヤーで賑わいますよ。無料でダウンロードできるので、是非小町ちゃんも参加してみて下さい!」


 現実世界がゲームの舞台になるなんて画期的!痩せたい一心でアプリについて調べていたのですが、毛利田さんがおっしゃるようにバックボーンがしっかりしすぎてルールが理解しがたい…。しかし、案ずるより産むが易し(`Д´)ゞこの春、イングレスデビューしちゃいましょう♪

-
-

「京都イチ綺麗な枝垂れ桜」

 


 一押しアプリについて熱弁下さった毛利田さん。そんなイングレスを楽しみながら歩きたい桜のスポットとは?


 「出町柳から上賀茂神社までの賀茂川沿い。京都で一番綺麗な桜並木が見られるのはここだと思います。だいたい歩いて1時間半かな?特におススメなのが、植物園沿いの半木の道。枝垂れ桜のトンネルが楽しめますよ。」


 お散歩マスターの毛利田さんに京都イチと言わしめる半木の道。北大路から北山通間800メートルの堤防道に紅枝垂れ桜が咲き誇ります。賀茂川のせせらぎを背景に風に揺れる枝垂れ桜はさぞかし風流でしょうな(人´v`)

-
-