《京都》ネッツトヨタヤサカ桃山店ブログの先頭です。

《京都》ネッツトヨタヤサカ桃山店のブログ

ネッツトヨタヤサカ桃山店のいろんな活動を配信中!

-

「初の100km越えドライブ」

 


 今月最初にご登場いただいたのは今年度入社の営業スタッフ・河崎さん!まずは簡単に経歴を伺っていきましょう(´∀`)


 「嵐山出身。桃山店方面へは入社してから初めて来るようになりました。学生時代は英語を専攻しており、後輩に英語を教えたり英語のボランティアをしていたことも。クルマが好きだったこと、また店舗でお客様を待つだけでなく飛び込み営業も出来ることに魅力を感じて志望。親からは大変な仕事と言われましたが負けず嫌いなところがあり、よりディーラーへの就職を強く決意しました。」


 桃山店の印象はいかがですか?


 「アットホームですが、やる時はやるという印象のお店。店舗研修で各店を周りそれぞれ特色がありましたが、僕自身落ち着いている性格でもあるので合っているのではないかと感じているところです。」


 穏やかな中に芯を感じる河崎さん。趣味はドライブとのことで、おすすめドライブスポットを教えていただいちゃいました♪


 「自然が多いところへのドライブが好きで、おすすめは天橋立。海がキレイでしたね!と言っても実は元々ペーパードライバーだったので、この時初めて100km越えのドライブだったんですよ(^^)」


 という記念すべき遠征の地・天橋立は日本三景のひとつ。海水浴場もあり、これからの季節よりいっそう楽しめるスポットです!

-
-

「スポーツに芸術に」

 


 お次はこちらも初登場!営業スタッフの石川さんです(*´∇`)/


 「以前はアパレルで2年働いていたのですが、もともとクルマが好きだったことに加え、以前から家族がネッツヤサカで買い替えなどお世話になっていて。その際のサービスの良さをうけディーラーへの転職を決意しました。洋服の販売とクルマの販売、商品に対してアピールをするという点では同じですが、価格帯も購入頻度も全く違うもの。初めは不安もありましたが、店舗の皆さんが優しく仲も良くて安心しています。」


 スポーツカーがお好きという石川さんに、お次は気になるご趣味を伺っていきましょう♪


 「絵を描いたり曲を作ったり、ドライブや読書も。あとはランニングやバスケもしていました。」


 運動から作曲まで、なかなかの多趣味っぷり!


 「バンドを組んでいたのですが、よくある“音楽性の違い”で解散(^^;)曲はネットで依頼があった人に、パソコンを使って作ります。」


 まだまだ掘り下げたいことはありますが、河崎さんと同じく趣味の一つがドライブという石川さんにもおすすめドライブスポットを教えていただきましょう!


 「おすすめは舞鶴にあるとれとれセンター。山科に住む友人と一緒に行って、ただ海鮮丼を食べて帰ってきただけなのですが楽しかったですね!」


 仲の良い友人と食べる新鮮な海の幸は何より格別ですよね♪


 6/1に中途入社された石川さん。実は新入社員研修で業務スケジュールが違った河崎さんとゆっくり話すのはこの日が初めてだったのだとか。「趣味でちょっとだけボクシングもやっていた」という石川さんに思わず驚きを隠せない河崎さんと小町なのでしたヾ(´ε`*)

-
-

「異動しました!」

 


 5月は異動シーズン!というわけで今月ご登場いただいたのは、四条店より異動されてきたサービススタッフの藤谷さん。桃山店の印象はいかがですか?


 「桃山店の印象としてはクルマを停めるスペースが大きい、ということ。四条店で慣れてきたところでの異動で。まずは早く桃山店での業務に慣れて、四条店で出来ていたことが出来るようになりたいと思います。」


 U-Car展示場が併設されているかなど、店舗によって広さや勝手も様々。しかし昨年度に入社しまだまだお若い藤谷さん。きっと桃山店でもすぐに慣れて活躍して下さることでしょう(`▽´)/打って変わってお伺いするのは、これからの梅雨シーズンに楽しめる映画について♪


 「4月にコナンを観てきました。毎年恒例で観に行っているのですが、今回は公安が出て来るなど大人向けの印象。組織の難しさ、というんでしょうか。」


 ヤサカスタッフに人気の高いコナン。今年も早速観に行ったという声が続々(*゚▽゚)


 「あとは気になる作品で言うと、『空飛ぶタイヤ』という映画。整備士関係のストーリーで、コナンを観に行ったときに予告で流れて知って。TOKIOの長瀬智也主演で、実際あった脱輪事故を元にした作品のようですよ。」


 さすがディーラースタッフ。クルマに関する映画情報をもれなくキャッチしておられるヾ(´ε`*)しかも『半沢直樹』はじめ、数々の高視聴率ドラマを生み出してきた池井戸潤の小説が原作となった一本。じめじめした梅雨シーズンに胸を熱くしてくれそうなこちらの作品は、6/15(金)公開スタートです!

-
-

「特別ゲスト登場!」

 


 続いてサービスアドバイザーの新川さんにご登場いただき、快適なタイヤ選びについてお伺いしようとしたその時、「お、タイヤ屋さんいるやん!」。
そう、絶好のタイミングで桃山店にいらっしゃったのはブリヂストンのスタッフさん。特別ゲストとしてご登場いただいちゃいました(≧▽≦*)/


 新川さん(以下:新)「燃費性能を向上したい方におすすめのタイヤは?」


 と小町の例に沿って進める新川さん(´∀`)


 ブリヂストンスタッフさん(以下:ブ)「ECOPIA(エコピア)です。」


 新「ラベリング(※)もされてるんちゃうん?」


 ブ「ラべリングもされていますね。」


 ECOPIAは低燃費タイヤとして業界が策定したラベル表示の条件をきちんと満たしたもの、というわけなのです。では続いてタイヤをインチアップすることによって起こるメリットやデメリットについても教えて下さい!


 ブ「インチアップのメリットはもちろん見栄えの良さ。あとはコーナリング性能も良くなります。デメリットとしては乗り心地が悪くなる場合があったり、スピードメーターが狂ったりしてくることですね。」


 徐々にはんなりレポートの要領を掴んできたブリヂストンスタッフさんに、いい感じやと褒めたたえる新川さん。最後に、人気のブリヂストンタイヤをご紹介下さい♪


 ブ「人気はPlayz(プレイズ)というシリーズ。RV車専用タイヤ、乗用車専用タイヤともにラインナップしており、魅力は乗り心地の良さです。ハンドル操作のストレスを軽減し、長時間運転でも疲れにくいように作られているんですよ。」


 なるほど~♪さすがタイヤのプロ、突然のはんなりレポート取材も華麗に乗りこなしてくれたのでした(*゚▽゚)

 


※ラべリング制度:お客様へ適切な情報を提供するために、「転がり抵抗性能」と「ウエットグリップ性能」を等級分けしラベル表示することを、JATMA(一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)が業界自主基準として策定したもの。転がり抵抗性能の等級がA以上(最高はAAA)、かつウエットグリップ性能の等級がa~dの範囲内のタイヤを「低燃費タイヤ」として定義する。

-
-

「マリンスポーツを満喫!」

 


 ネッツヤサカ創業50周年を記念し、ハワイへの慰安旅行を開催。そこでまずは旅行の思い出を伺います。前江田店長の推薦によりご登場下さったのは桃山店イチ日焼けしたというサービススタッフ・大内さん!一体何焼けなのでしょう(゚-゚?)


 「2日間自由行動があったのですが、ひたすらマリンスポーツをしていて焼けました。行きは道具を持って大荷物だったので目立ち、帰りは日焼けをして目立ち……。」


 もう十分目立ったのではんなりレポートに出なくていいのでは、と前江田店長に掛け合う大内さん。せっかくお久しぶりですし、店長共々このまま続けちゃいましょうヾ(´ε`*)


 「ほら、この時はまだ焼けてなかったやろう?」


 とダイヤモンドヘッドをバックに撮影した写真を見せて下さる前江田さんに対し、


 「悲劇はこの後起きるんですよ。」


 と大内さん。確かにこんがり焼けて劇的ビフォーアフターを遂げています(^▽^;)


 「想像を超える海の青さでしたね。それからマリンスポーツ中、クジラを見ましたよ。」


 クジラですか!(≧▽≦*)/


 「海面からクジラの背中が見えていて、本当にあの通り潮を吹くんやで。」


 と前江田さん。イラストなどでよくあるように、ピューッと吹くそう♪


 「あとはそうですね……実はずっとマリンスポーツをしていたのでご飯もそんなに食べてないんですよね(^^;)一つ心残りと言えばお肉(ステーキ)が食べられなかったことですね。」


 とかなりマリンスポーツに熱中されていた模様。


 「でもマリンスポーツのキャプテンに聞いて、評判という中華料理を食べに行きました。店長がお店を予約してくれて、そこで食べた北京ダックが美味しかったですね!」


 何を話してもマリンスポーツに繋がるハワイ旅行。満喫した様子がたっぷり伝わってきてひたすら羨ましい小町なのでした(*´Д`*)

-
1 / 4412345...102030...最後 »
-