《京都》ネッツトヨタヤサカ乙訓店ブログの先頭です。

《京都》ネッツトヨタヤサカ乙訓店のブログ

ネッツトヨタヤサカ乙訓店のいろんな活動を配信中!

-

「地域に合ったクルマづくり」

 


 今月乙訓店へ訪れた小町を一際明るい笑顔で迎えて下さったのは川本さん!トヨタ本社に入社し、5月から乙訓店へ店舗研修に来られているスタッフさんなんです。せっかくなので記念にはんなりレポートデビューしていただきました♪研修ではどんなことをされているんですか(*´∇`)/?


 「営業、サービス、アシスタントそれぞれの業務を教えていただいています。飛び込み営業に同行させていただいたり、商談にも同席させていただいて一緒に話を聞かせていただいたり。実際に店舗で働いてみて、面白い人ばかりで、常に活気があるなと感じています。」


 学生時代はどういった勉強をされていたんですか?


 「外国語大学でスペイン語を専攻していました。もともと英語が好きで、新しいことをはじめたいという思いからアメリカや中南米でも広く使われているスペイン語を選びました。」


 自動車業界を選ばれたきっかけはなんだったのでしょう?


 「海外で働くことを希望していて、中でも日本らしい日本企業で働きたいと考えていて。そこで海外でも価値があり、日本らしいモノづくりをしている自動車メーカーでの仕事を志望しました。」


 入社後一年かけて研修が行われ、その後ようやく配属先が決定するのだとか。


 「海外部門というところへの配属を希望しています(^^)同じ車種であっても海外で日本のものをそのまま販売しているわけではなくて。例えば車名一つをとっても、その地域のライフスタイルや特色などを調べてつけられているんです。地域に合ったクルマづくりを考えていける仕事を出来たらいいなと思います!」


 研修は7/28まで。残りわずかの期間ですが、店舗研修でたくさん吸収していってくださいね!

-
-

「世界のグルメ」

 


 お次は川本さんのプライベートに迫ります♪


 「海が好きで、長期休みがあればダイビングへ行きますね。普段の休みは美味しいものを食べたり、飲んだりするのが好きです。メキシコへ旅行した際には、メキシコの主食であるタコスが美味しくて。一日三食、一週間タコスが続いてもいいくらいでしたよ(^^)」


 それだけ食べても飽きない本場のタコス、小町も食べてみたいです~!さらに、学生時代は飲食店でのアルバイトも経験されてきたそう(´∀`)


 「大丸の地下にあるケーキ屋さんや、スペイン留学後はワインが好きで、ワイン食堂UmiUsagiというところで働いていたんですよ。人気メニューはアヒージョ。ぜひ行ってみて下さいね。」


 世界各国のグルメネタに小町のお腹はペコペコ。近々伺いたいと思います~(*´Д`*)

-
-

「念願の乙訓店に仲間入り」

 


 今年も4月入社の新入社員が配属されたと聞いて駆け付けた小町。乙訓店に新しく仲間入りした営業スタッフの三嶋さんに早速インタビュー!


 「もともとクルマが好きだったことが入社のきっかけです。アルバイトでの接客経験から、売って終わりではない、信頼関係を築いていく職に就きたいと考えていました。メーカーやカー用品店などいろいろ見た中で、アフターフォローなどが大切なディーラーでの仕事を志望。向日市出身で自宅から通える京都での就職を希望していました。」


 数ある京都府内のディーラーの中からネッツヤサカを選んだ理由とは?


「飛び込み営業に魅力を感じ、働く姿が一番イメージ出来たのがネッツヤサカでした。地元なのでお客様との話も合いますし、入社前にイメージしていた通りに今働けていますね。」


 何でも乙訓店とはご縁があったようで(゚-゚?)


 「大学時代アルバイトをしていた居酒屋に、乙訓店の方が常連として来てくださっていたんです。貸切で飲み会などされていて楽しそうで、雰囲気の良さを感じていました。」


 実際に乙訓店に仲間入りしてみていかがですか?


 「何としてでも乙訓店を希望していたので、配属が決まった時は泣きそうなくらい嬉しかったですね。良い先輩方ばかりで、誰か一人というよりも店舗のみなさんでアドバイスやフォローをして下さいます。」


 念願叶っての配属おめでとうございます~O(≧▽≦)O三嶋さんへのインタビューはまだまだ続きます!

-
-

「趣味は旅行」

 


 「大学時代は本当にいろんな出会いがありましたね。趣味は旅行で、3回生の夏ごろから10ヶ国ほど周りました。」


 と話す三嶋さん。これまで一番よかった旅先を伺うと、「マレーシアですね!」と即答いただきました。


 「東南アジアというとあまり栄えているイメージがないかもしれませんが、夜は明るいですし、有名ブランド店が建ち並んでいて、もしかすると京都よりも栄えているかもしれません。あとはボランティアで3週間ほどカンボジアへ行っていたことも。物価が安く、ビールは50円なのですが水は75円。ご飯は日本ほど美味しいというわけではなかったので4㎏ほど痩せて帰って来ました(^^)」


 京都よりも栄えているとは予想外!旅行のお話を聞いて小町も世界へ羽ばたきたくなって来ましたヾ(´ε`*)


 「それからドライブも好きですね。おすすめのドライブスポットは伊丹空港のそばにある公園。滑走路がすぐ近くにあり、飛行機の離着陸するところをクルマから見ることができるんですよ。」


 一見マイペースながらも落ち着いた受け答えと笑顔が光る三嶋さん。世界各国で積んできた経験を活かしながら、乙訓店でバリバリ活躍しちゃってくださいね♪

-
-

「感動のラブストーリー」

 


 今月小町を迎えて下さったのは、新人インタビューぶりのご登場の平川さん♪まずはこれからの梅雨シーズンにおすすめの映画についてお話伺いました(*´∇`)/


 「最近DVDを借りて観たのは『ボクの妻と結婚してください。』です。」


 タイトルは聞いたことがあるような(゚_。)? どなたが出演されているんですか?


 「主演は確か……織田裕二さん。もともと映画館へ観に行くつもりでいたのですが、別のものを観に行ったりしているうちに上映期間が終わってしまっていて(^^;)感動のストーリーでしたよ。」


 2012年刊行の小説を原作に、昨年11月に映画公開され5月にDVD&Blu-rayが発売したばかり。余命宣告を受けた主人公が愛する家族のため、妻の“最高の結婚相手”を探し出すという斬新な設定かつ心温まるラブストーリーです。

-
-